女性からだ会議®

予防医療の観点を取り入れた、女性のライフ・キャリア設計をサポートするとともに、
すべてのいのちが健やかにいきいきと活躍できる社会づくりに取り組んでいます。

高校・大学での授業の他に、2014年より年に1回、3月1日から8日までの女性の健康週間と、3月8日の国際女性デーに先駆けて、
3月3日に「NIPPON女性からだ会議®」を開催しています。
また、5年に1回の「地球女性からだ会議®」では、世界の目線で女性の健康を考える機会を創出します。

⼥性からだ会議®⼤賞 2020 発表

社内外において、女性の健康や予防医療、がん対策に取り組む企業を紹介、表彰する取り組みです。




⼥性からだ会議®⼤賞 2020

【大賞】
株式会社ポーラ
【特別賞】
楽天メディカルジャパン株式会社
【優秀賞】
あすか製薬株式会社
エイベックス・マネジメント株式会社
サントリーホールディングス株式会社
全日本空輸株式会社
日本航空株式会社
野村證券株式会社
富士通株式会社
ヤフー株式会社


 

五十音順 ※本賞の選定や表彰にあたりましては、後援協賛各社の関与がないことを予めご了承ください。



» 各企業取り組みご紹介はこちらから


『第6回地球女性からだ会議®2020』

〜 新しい生活様式から、どう考える?変革時代の女性の人生 〜

【オンライン開催のお知らせ】
新型コロナウイルス感染拡大の情勢に鑑み、延期となっておりました「第6回地球女性からだ会議®2020」につきまして10月2日(金)の開催を決定いたしましたのでご案内申し上げます。 皆様の安心と安全を第一に新たな生活様式を考慮しながらの実施となります。 学校、病院とのサテライト中継も行う予定です。ご協力くださる施設の方、お問い合わせくださいませ。 (照会先:シンクパール事務局 info@thinkpearl.jp)


健康教育と予防医療の推進から、女性の活躍推進と次世代支援を行う一般社団法人シンクパールが主催する「地球女性からだ会議®2020」。 令和元年の出産数は約86万人と本格的な少子化が進む日本。社会の背景や価値観の変化から多様な暮らし方、働き方が求められる現代。 この変革の時代に生きる私たちそして次世代は、どう在りどう幸せを感じられる心と体の状態を育んでいくのか。 各業界の専門家たちが女性の人生を通してのウェルビーイングについて、科学的な視点から提案をしていきます。


【開催概要】
名称

第6回「地球女性からだ会議®2020」〜 新しい生活様式から、どう考える?変革時代の女性の人生 〜

日時

令和2年10月2日(金)14:00〜18:00(開場13:30)

会場

衆議院第一議員会館多目的ホール(会場には登壇者、関係見学者、報道関係者のみのご参加いただくことができます)

形式

オンライン配信、サテライト中継

主催

一般社団法人シンクパール http://thinkpearl.jp
外務省主催第6回国際⼥性会議 WAW!公式サイドイベント

メディアパートナー

ルナルナ(株式会社エムティーアイ) / ハースト婦人画報社

協賛

株式会社アンド・フォース / 株式会社ミュゼプラチナム / 株式会社Journal Entertainment Tribute / 医療法人財団今井会足立病院 / 社会医療法人博愛会相良病院 / ハリウッド化粧品 / MEDERI株式会社

後援

内閣府男女共同参画局 / 文部科学省 / 厚生労働省 / 東京都 / 国連人口基金(UNFPA)/ 公益社団法人日本医師会 / 公益社団法人日本産科婦人科学会 / 公益社団法人日本産婦人科医会 / 公益社団法人日本婦人科腫瘍学会 / 公益社団法人日本臨床細胞学会 / 公益社団法人東京都医師会 / 特定非営利活動法人日本医療政策機構(HGPI) / がん対策推進企業アクション(厚生労働省委託事業)





【プログラム】

14:00~ビデオメッセージ

ナタリア・ヴォディアノヴァ(フィランソロピスト・スーパーモデル)

14:05~キーノートスピーチ「平成から令和へ、日本の少子化対策を取り巻く環境と変化」

吉村泰典(慶應義塾大学医学部名誉教授、前内閣官房参与、元日本産科婦人科学会理事長)


14:25~特別対談「これからの日本、女性の働き方をどう考える?」

原丈人(内閣府参与、アライアンスフォーラム合衆国公益財団会長)
山中哲男(株式会社トイトマ代表取締役会長)


14:50~第一部: 変革の時代にみる「令和世代のこれから」

橋本岳(衆議院議員、前厚生労働副大臣)
佐藤摩利子(国連人口基金(UNFPA)東京事務所長)
平山直子(文部科学省 初等中等教育局 健康教育・食育課課長)


15:20~第二部:現代女性のからだを科学する「歴史とスポーツの世界から学ぶ」

竹内巧(産婦人科医、リプロダクションクリニック東京院長、元米国コーネル大学医学部産婦人科生殖医療センター助教授)
大日方邦子(一般社団法人日本パラリンピアンズ協会会長、1998年長野・2006年トリノ冬季パラリンピックアルペンスキー金メダリスト)
室伏由佳(順天堂大学スポーツ健康学部講師、株式会社attainment代表、2004年アテネオリンピック陸上競技女子ハンマー投代表)
徳川家康(名古屋おもてなし武将隊®)


15:55~「女性からだ会議大賞2020」授賞式

木村弥生木村弥生(衆議院議員、前総務省大臣政務官、乳がん・子宮頸がん検診促進議員連盟事務局長)
水戸重之(TMI総合法律事務所パートナー弁護士、株式会社湘南ベルマーレ監査役、一般社団法人PHR普及推進協議会理事)
村上裕子(都・村上裕子きもの教室代表、HAPPY KIMONO PROJECT主宰)


17:30~総括「変革時代の女性の人生とからだ、知ること・考えること・選ぶこと」

重見大介(産婦人科医、公衆衛生学修士東京大学大学院博士課程、産婦人科オンライン代表)
高橋ゆき(株式会社ベアーズ取締役副社長、一般社団法人全国家事代行サービス協会会長)
谷山智子(腫瘍内科医)
※プログラム及び登壇予定者は、当日事情により変更になることがあります。ご了承ください。


来賓

野田聖子(衆議院議員、元総務大臣、超党派乳がん・子宮頸がん検診促進議員連盟会長、自由民主党幹事長代行)
武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣、世界保健機関(WHO)ユニバーサルヘルスカバレッジ(UHC)親善大使)
上野宏史(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官、自由民主党副幹事長)
武部 新(衆議院議員、元環境大臣政務官兼内閣府大臣政務官、がん教育推進議員連盟事務局長)
山下雄平(参議院議員、元内閣府大臣政務官)
牧島かれん(衆議院議員、元内閣府大臣政務官)
川田龍平(参議院議員、参議院行政監視委員長)



女性からだ会議®




NIPPON女性からだ会議®


子宮頸がんサミット

子宮頸がんは、唯一ほぼ100%予防が可能ながんとして、ワクチンと検診の対策に科学的な根拠が得られているにもかかわらず、
予防手段選択のための正しい情報や知識が一般的に認識されていない現状があります。
そこで、科学的な事実の整理と啓発を目的とした「子宮頸がんサミット」を子宮頸がん啓発月間の11月に開催し、
国内外の20代男女が子宮頸がんについて前向きな議論を行います。


最近の活動ご報告
NIPPON女性からだ会議®2019

平成31年3月3日
住友不動産ベルサール御成門駅前ホール


» 活動報告書はこちらから

子宮頸がんサミット2018

平成30年11月8日
衆議院第一議員会館


» プログラムはこちらから

NIPPON女性からだ会議®2018

平成30年3月3日
渋谷キャストホール


» 活動報告書はこちらから



女性の健康推進イニシアティブ2017

平成29年9月13日
衆議院第一議員会館


» 活動報告書はこちらから



2017年シンクパール活動報告会

平成29年7月7日
衆議院第二議員会館


» 活動報告書はこちらから